JACリクルートメントの口コミ/利用者の声

【第1部:転職活動の背景と転職エージェント選びについて】

■転職をしようと思った背景と、転職によって絶対に解決したいと思っていた前職での不満はなんですか。

経営上の判断により部門閉鎖が決定したため、やむを得ず転職することになりました。

部門閉鎖に至るまで、その部門におけるビジネスの伸びに限界があることを前々から感じていたため、転職により、より成長性のある仕事にシフトしたいという希望もありました。

成長しているところは多少の問題があっても皆あまり気にならないのですが、業績が横ばいや右肩下がりだと雰囲気が暗くなりがちです。前職も例にもれず、活気に欠けていたため、次はより風通しがよく、よりポジティブな雰囲気の職場を選びたいとも思いました。

 

■あなたの転職活動の軸は何でしたか?転職先を選ぶ上でどんな条件、希望を持っていましたか(労働環境、人間関係、業界、年収、勤務地などなんでもOK)。

転職先を選ぶ上で最も重視するのは一緒に働く人です。

面接を通じて、短い時間ではありますが、チームメンバーの人柄、会社の雰囲気をできるだけ理解し、一日の大半を共に過ごせるかどうか、過ごしたいかどうかを自分なりに判断してきました。

一言で言いますと価値観が近いかどうか、フィーリング的に合うかどうかです。

その点クリアした上で、年収等の条件、組織が閉鎖的かどうかで判断するようにしてきました。業界に関しては、基本一貫して同業界にいるため、その点は殆ど問題になりませんでした。

 

■転職するにあたって不安に思っていたこと、転職を考えながら、なかなか踏み切れなかった理由などはありますか。

転職を検討先企業の情報の事前収集、間接的な知り合いがいれば直接話を聞いたりするものの、やはり入社してみないと分からない部分が多いため、面接等で聞いた情報とのギャップがどれ位あるかが不安要因です。

また、複数の方と面接した場合、お互い言っていることにズレがある場合もネガティブ材料となります。

その他、面談した会社の雰囲気は良かったものの、親会社の業績がいまひとつだったり、ビジネスモデル自体が発展性に欠けるものであったり、業態自体に不安がある場合は思いとどまることもあります。更に、今現在業績が良さそうに見える企業でも、業界全体がやや傾きつつある場合やAIが参入できる可能性が高いビジネスの場合も踏み切れないことが多いです。

慎重になりすぎるのも問題ですが、この先長年お世話になる(かもしれない)会社なので、いろいろな要因を分析しながら決めることにしていますが、最後は直観ですね。

 

■転職エージェントを選ぶ上で参考にしたサイトがあれば教えてください。

JACリクルートメントの評判/20代~30代の転職向け|ワタシの転職エージェント

あと外資系向けの転職エージェントに関する記事もいくつか参考にしました。

 

■最終的にどこの転職エージェントを利用したのか、またなぜその転職エージェントを選んだのか理由を教えてください。

最終的にビズリーチ、JACリクルートメントを利用しました。

ビズリーチの場合、複数のエージェントからのコンタクトがあり、その中でもやりとりが丁寧で、詳細な企業情報を提供してくれる担当者がいるエージェントを選びました。

やりとりを通して、その担当者が担当企業とうまくコミュニケーションできているか、きちんとグリップできているかを判断しました。

JACリクルートメントを選んだ理由は業界での定評とそれなりの数のリクルーターを抱えているため、社内での多くの情報が蓄積されているのではないかと考えたからです。

 

【第2部:転職エージェントの印象について】

■JACリクルートメントを利用してみた、率直な印象を教えてください。

確かに所属するリクルーターの数は多いと思います。

自分自身も異なる時期に複数の方からコンタクトがありました。最初はターンオーバーが高い会社かなという印象でした。

それに加えて、担当が分かれているため、この企業はA氏の担当だからからA氏からコンタクト、この企業はB氏の担当だからB氏からコンタクトというケースも多かったです。

また、比較的若手のリクルーターが多い印象でした。自分の経験から、若手のリクルーターは経験が少ないので、大手に入り、会社のネームバリューで顧客ベースを増やしていくケースが多く、シニアになっていくと、もちろん大手に残る方も一部いらっしゃいますが、独立する場合が多いように思います。

 

■JACリクルートメントに対して、どういうイメージを持っていましたか?利用前に感じていた印象や、耳にしていた噂、評判などを教えてください。

金融関係に強いエージェントというイメージを持っていました。

また、通常外資系や独立してやっているヘッドハンターが外資に強いイメージですが、JACは日系ではあるものの、グローバルに展開していて、外資にも強い珍しいタイプのエージェントと理解していました。

 

■JACリクルートメントに登録する前は、どんなことを心配、あるいは懸念していましたか?

リクルーターが大勢いるため、個人情報の管理が大丈夫かどうか、リクルーターによってクオリティに差があるのではと心配していました。

 

■その心配や懸念点は、実際に利用してみてどうでしたか?

社内のデータベースに個人情報が登録されているため、恐らく所属するリクルーターは誰でも見られるシステムになっているのではないかと思います。

かつ、担当制は一応あるものの、誰でも登録者にアプローチできる形式をとっているかと思います。あまり広く個人情報を開示したくないものの、JACに登録する以上その点はしかたないかなと思いました。

ただ、きちんとした同意がないまま、勝手に履歴書を企業に送りつけてしまうような二流エージェントではないことは確かでした。

 

■どんなことを期待してJACリクルートメントに登録しましたか?

スケールメリットを生かした幅広いネットワークを期待しました。

また、通常特定の業界に特化したエージェントも多いのですが、従来の仕事と少し異なる業種や職務にチャレンジしたい場合、より広い範囲をカバーしているJACの方がチャンスが高まるかもしれないと期待して登録しました。

 

■JACリクルートメントに対する印象は、利用前と利用後で変化しましたか?変化した場合は、どのように変化したのか、なぜ変化したのかも教えてください。

大手なので、レピュテーションリスクもあることから、きちんとした仕事をしてくれるだろうと期待して登録しました。

利用後はそれほど期待を裏切らなかったものの、やはり担当者によって差はそれなりにあると感じました。あと、エージェントによっては粘り強くアプローチをするところも多いのですが、こちらはデータベースが十分にあるためか、形式的なフォーマットが送られてきて、それに興味があるかどうかを機械的に回答する方式をとっていました。

なので、担当によってはかなり距離感がある、ややドライなアプローチだなと感じる場合もありました。

 

【第3部:転職エージェントでの面談・求人紹介について】

■キャリアカウンセラーとの面談ではどのような相談、話をしましたか

転職を考えている理由、どのような仕事を希望しているのか、どのような条件で探しているのかを話しました。

また、様々な意見を聞きたいため、カウンセラーから見た業界動向についても聞いています。

その他、この方は親身になってくれるかどうか、情報を入手するのが得意な方かどうか、担当企業とのパイプラインがしっかりできているかどうか等を雑談を通じてヒアリングしました。

 

■キャリアカウンセラーが重点的に聞いてきたこと、どんなことを聞き出そうとしていると感じましたか?

大抵の場合そうですが、今までの経歴、実績、何を重視しているのかを中心に聞き出そうとしている印象でした。

面談前に履歴書を見ているはずなので、人柄も含めてどのような推薦ができるか、より詳しく、自分の言葉で伝えてほしく聞いているように感じました。

 

■キャリアカウンセラーはどのような人で、どういう印象を持ちましたか。また他のエージェントの担当者と比較して、なにか違いなどは感じましたか

率直な意見として、独立系のエージェントやヘッドハンターは中小企業の経営者のような方が多く、ある程度自分をさらけ出してクライアントの信頼を得るようなアプローチが多いのですが、JACは大手なので、サラリーマン的なアプローチ(もちろん雑談はしますが、どちらかというとヒアリング項目があって、それの沿った儀式的なアプローチ)という印象を持ちました。

 

■キャリアカウンセラーとの面談前はどういう心境でしたか?また面談に当たってなにか準備などはしましたか

面談前はカウンセラーの名前はもちろん事前に聞いているので、ネットでできる限り検索して情報を得るようにしました。あまりない場合はJACのホームページからそのエージェントのスタイルや特徴を事前に調べました。

 

■キャリアカウンセラーとの面談では、どのような転職を希望していると伝えましたか

営業の経験が長く、通常だと同様な仕事の案内が多いが、できれば少しマーケティングにシフトしたいため、営業の経験も生かせるマーケティングに近い仕事があればぜひ紹介してほしい旨伝えました。

カウンセラーがカバーしている企業でそのようなポジションがなくても、同僚の担当先で希望のポジションがあればコンタクトしていただきたいという希望をも伝えました。

 

■それに対し、キャリアカウンセラーはどのような返答をして、それに対してどう感じましたか。他のエージェントからの返答内容と比較しながら、できるだけ具体的に教えてください。

恐らくある程度のノルマがあるので、自分がカバーしている先にはそのようなポジションがない場合、少しだけ残念そうに感じているように思いましたが、大手なので、それでも丁寧に対応してくれました。

エージェントによっては、そもそも今までと違う仕事内容を希望していると伝えた時点で、その人のビジネスにならないからということで考え直すよう説得をはじめたり、フェイドアウトするケースもあるため、それに比べるとJACは紳士的な対応でした。

 

■紹介された求人数は何件あり、そのうち何件応募し、何件内定が出ましたか

転職活動をストップしている期間のメールによる紹介も含め、12件の紹介がありました。

そのうち、応募したのは1社のみで、内定はゼロでした。

 

■紹介してもらった求人を見て、率直にどう思いましたか?自分が求める求人、ヒアリングや面談内容を考慮した求人をきちんと紹介して貰えましたか?

自分が希望した内容よりもやや間口を広げて提案されている印象をうけました。

例えばこのあたりは検討していないと伝えてあっても、何人ものリクルーターがアプローチしてくるため、うまく伝わっていなかったり、そこまで気にせず、今までの経験と近ければ紹介するスタンスをとっているように感じました。なので、十件以上の提案がありましたが、ピンとくるものはやや少なかったです。

 

■他のエージェントで紹介された求人と比較して、「求人の質」という観点ではどうでしたか?

質にそれ程差はなかったように感じます。

エージェントによっては希望のエリアでピンポイントで情報を送ってくるところも多いのですが、JACは少し間口を広げて情報を送ってきているため、逆に見ていなかったエリアを知ることができた点は良かったです。

また、断る際、さらっとした回答でもJACは気にしていないように感じたので、その点はやりやすかったです。

 

■紹介された求人は転職会議、カイシャの評判、Vorkersなどの口コミサイトで評判を確認しましたか?もししたのなら、紹介された企業の口コミ評価はどうでしたか?

紹介された求人のうち、面談してみたいと思える先は必ずVorkers等で見るようにしています。

業界が狭いため、紹介された企業で知らないところはありませんでしたが、口コミサイトでは自分のイメージとのギャップがないかどうかチェックするのが一番の目的でした。

 

■キャリアカウンセラーから貰ったアドバイスの中で印象に残っていること、参考になったことがあれば教えてください。

若手のカウンセラーが多いからか、残念ながら、強く印象に残るようなアドバイスを頂いた記憶がありません。

 

■キャリアカウンセラーに対してイラッときたこと、腹が立ったこと、ネガティブな印象をもったことがあれば具体的に教えてください。

前述のご紹介いただいた12案件ですが、殆ど別の担当者から送られてきたものでした。数えてみたら10人別のカウンセラーからでした。

そのため、JACはクライアントにカウンセラーとしてアドバイスしながらのビジネススタイルではなく、企業をより重視したスタイルをとっている会社という印象を持ちました。

クライアント(転職希望者)に寄り添って相談にのり、時間をかけて信頼関係を築きながらアドバイスをしていくのではなく、

担当企業が求めているスペックを会社のデータベースから近い人を探しに行くスタイルをとっており、良し悪しではありますが、担当者との距離を感じる場合もありました。

 

■職務経歴書や履歴書の添削は参考になりましたか?添削で役に立ったこと、逆に不満だったこと、他のエージェントの添削内容と比較して詳細を教えてください。

特に添削はありませんでした。希望をすれば見てくれるかと思いますが、カウンセラー自身若手が多いことから、特に依頼しませんでした。

 

■志望動機の添削、面接対策はしてもらったか?もしした場合、どのような添削や対策を受けて、他のエージェントと比較した上での満足度、実際の面接でどのように役立ったのかを教えてください。

上記と同様の理由ですが、経験豊富なカウンセラーや長年付き合っているカウンセラーでしたら依頼することもありますが、担当(と言えるかどうかもわかりませんが)がコロコロ変わるため、添削や面接対策をして頂こうとは特に思いませんでした。

どちらかというと多数の案件を持っている点を評価して付き合っています。

 

【第4部:転職エージェントの強み、特徴について】

■JACリクルートメントを使ってみて、他よりも優れていると思った点、他のエージェントにはない強みや特徴だと思ったことあれば教えてください(複数回答可)。また、なぜそう感じたのか、他のエージェントと比較しながら教えてください。

一部前述の内容とかぶるかもしれませんが、JACは規模が大きいため、案件のデータベースが豊富であり、こちらもその気になればより多くの案件を提案してくれるため、評価しています。

また、特定の分野に限らず、他のセクターの求人情報も聞くことができるので、情報ソースとしても非常に魅力的です。

小規模のエージェントの場合、担当企業数も少ないため、紹介できる案件がある場合は何度もアプローチしてくることがありますが、ない場合はパタッと紹介がなくなるのに対し、JACは割とコンスタントに紹介してくれる点、評価しています。

■JACリクルートメントを使ってみて、不満に感じた部分、ネガティブな印象を持ったこと、他のエージェントより劣っていると思う部分を教えてください(複数回答可)。また、なぜそう感じたのか、他のエージェントと比較しながら教えてください。

前述の通り、JACはクライアントにカウンセラーとしてアドバイスしながらのビジネススタイルではなく、より企業を重視したスタイルをとっている会社です。

そのため、クライアント(転職希望者)に寄り添って相談にのり、長いリレーションシップのもとアドバイスをしていくのではなく、

担当企業が求めているスペックを会社のデータベースから近い人を探しに行くスタイルをとっているため、担当者との距離を感じることもありました。

 

■JACリクルートメントならではだと思う独自の方針、他のエージェントとは異なるスタンスだと感じたことがあれば教えてください(複数回答可)。またなぜそう感じたのかも教えてください。

効率的に業務を進めるために決めた方針だと思いますが、機械的な文面を送ってくることが多いです。

他のエージェントはメールで何往復もやりとりすることが多いのですが、JACはさらっとしており、一往復で終わる場合が多いように感じます。良く言えばしつこくなく、悪く言えば親身になって相談に乗ってくれるのだろうかと心配になってしまう場合もあります。

 

■下記の中から、JACリクルートメントが得意だと思う転職分野を教えて下さい。

ご紹介いただいた案件で、日系のも多かったため、日系は40代以上だと殆ど採用しないことから、どちらかというと若手、中堅向けの案件が多いように感じました。

また、業界を選んだのは、カウンセラーの数が多い分、人海戦術が使えるため、カバーする企業数が多い分、幾つかの業界で強みを持っているのではないかと思いました。

 

■JACリクルートメントが不得意だと感じる転職分野と、その理由を教えてください

担当者から得た企業情報は独立系のエージェントに比べると客観的なものが多かったです。

例えば独立系のエージェントの場合、○○社の社長とか人事とかつて同僚だったとか、個人的なつながりがあるため、ニッチな情報も仕入れてくれるのですが、JACの場合はそこまでディープな情報がなかったため、企業とのグリップがそこまで強くないのかなと推察しました。また、若手の担当者が多いことから、ハイスペックな案件はやや不得意なのではないかと思いました。

 

■JACリクルートメントはどういう人こそ使う価値があると思いますか?なぜそう思うのか、理由も一緒に教えてください。

複数採用するような大手企業、日系企業を希望している30代までの若手、中堅の方に向いていると思います。

カウンセラーの年齢が若い分、そもそもシニア求職者とのコミュニケーションをあまり得意としていないのではと思いました。

 

■逆に「こういう人はJACリクルートメントは使わないほうがいい!」って思う人はどんな人ですか。なぜそう思うのか、理由も一緒に教えてください。

上記の質問の裏返しですが、シニアでハイスペック求人の場合、他の専門エージェントの方がよいと思います。JACではそもそも持っている案件でハイスペックなのは少ないのではないかと思いました。

また、転職するかどうか悩んでいる方には少し物足りないエージェントかなと思います。何故なら紹介案件メールは興味の有無を機械的につける様式になっている場合もあり、やや相談しづらい文面になっているように思いました。

■JACリクルートメントを利用する上で、注意したい点や「こうすればもっと効果的に使えるよ」というアドバイスがあれば教えてください。またその理由も一緒に教えてください

JAC内のデータベースが多いため、転職を急いでいる場合は、それなりのアピールポイントを伝えられれば、多数の案件を紹介してくれるのではないかと思います。

 

 

【第5部:エージェント利用を振り返って】

■エージェントを経由して見つけた今の転職先には満足できていますか?今の職場でどのように働いているのか、前職時と比較して教えてください。

元々慎重な方なので、転職をする際には組織構成、チームメンバーの情報、バックグランド、他部署の方からの情報、同業者から見たその会社の状況などをできるだけヒアリングしました。

また、直属の上司の情報もなるべく複数の方から得ました。なので、昔の経験のように、入ってみたら聞いていたのとかなり違っていたということは殆どなかったです。

そういう意味では多くの情報を仕入れてくれたエージェントに感謝しており、転職先に満足しています。

 

■転職活動を振り返って、もっとこうしておけばよかった、これをやっておいてよかったなどの後悔、反省はありますか。

かつて、カウンセラーの勢いに負けて、転職を決めてしまった経験があります。結果として長年勤めましたが、やはり入社当時はカウンセラーが語っていた会社の魅力と実態とのギャップにしばらく悩み、なじむのに少し時間がかかりました。

そのため、若い時でも、プッシュ型のカウンセラーにも怖気ず、しっかりプラス面とマイナス面を聞き、かつ複数の方から客観的な意見を聞いた上で、転職を決めるのがよいと思います。

 

■あなたが思う、使えるエージェントと使えないエージェントの判別方法を教えてください。

担当者とのメールのやりとり、もしくは対面を通して、しっかりコミュニケーションが取れる方かどうか、まめなサポートをしてくれるかどうか、担当企業との関係が強いかどうか、情報を仕入れる力があるかどうかを判断しています。

判断方法は経験によるものが大きいですが、やはりビジネスマンとしてしきちんとした対応が出来ているか、こまやかなケアが出来ているかといった点も含めて判断しています。

対応が遅かったり、フォローがあまりなかったり、情報をあまり持っていなかったりした場合は、面談が進んだとしてもその後がやや心配になりますので、早い段階で判断するようにしています。

 

■今だからこそ思う、自分に合った転職エージェントの選び方の秘訣を教えてください。

今までの経験から、受け身の転職活動ではなく自分が企業を選ぶ位の気持ちでアプローチするのが一番良いと思います。

長年の付き合いがあり、信頼関係もしっかり築けている友人のようなカウンセラーに相談しながらアドバイスをもらうのがベストです。

そのため、そのような親身になってくれるカウンセラーがいるエージェントを見つけるのが一番の近道ではないかと思います。